ちょっと欲しくなったぞ 新型ZR1

結局、デトロイト・オート・ショウでミッドマウント・エンジンのコルベットのお披露目はありませんでした。あれはやっぱり、習作のコンセプトカーだと思うなぁ。

デトロイトでの、新型のお披露目はありませんでしたが、ドバイで発表済みのZR1の展示があって、多くの人がその写真をネットに上げていたので、それを眺めていて気が付いたのですが。
今度のZR1はシェイカー・フードなんです。

フードを閉めた状態。
今まで、こういう状態の写真ばかりだったので気が付きませんでしたが。
180121-11

フードを開けた状態。
180121-12
判りますか? エンジンに直接付いているパーツがフードから突き出しているんです。こういうのをシェイカー・フードといいます。エンジンはゴムでシャシーにマウントされているので、加減速のときにトルク反力で揺れるんです。この写真の部品がフードから突き出していることで、そのエンジンの揺れ(シェイク)が運転席から直接見えます。だからシェイカー・フード。
私が免許を取って最初の自分のクルマがファイヤーバード・トランザムだったのですが、それがシェイカー・フードでした。運転しながら、加減速でエンジンが揺れるのが見えるのは、高揚感があります。

今まで、買うならZ06と思っていてZR1に興味はなかったのですが、シェイカー・フードというだけで、ZR1が欲しくなりました。
最高速度が212MPH(341km/h)だとか、最高出力が755hpだとか、0-60MPHが2.7秒だとか、そういう性能的なことよりも、シェイカー・フード。これだけのために、気になる存在になりました。

それと、これ。
なんですか。加速の時に火を噴くんですか。カッコ良すぎでしょ。

GM公式のZR1のサイト。http://www.chevrolet.com/upcoming-vehicles/corvette-zr1
一番下の方に、自分でアクセルを吹かして排気音が聞けるギミックがあるのですが、それも試してみてください。シビれます。でもこれ、114dBまで行くんです。計測方法にもよると思いますが、日本じゃダメだよね。

あと、この尖がった羽根。これも多分、日本の法規でダメでしょうね。
180121-12

アメリカだと12万ドルだそうですが、もし日本で販売するとしたら2000万円超えちゃうだろうなぁ。
コルベットも高くなったものだ。

第三日曜ミーティング

珍しく、参加者多数でびっくりしました。
今日は、久しぶりにコルベットで参加。久しぶりに乗るコルベットは、やっぱりイイ。
もう、これに乗るようになって15年。私の車歴の中で最長になります。これだけ長く乗ると、手放せなくなってきます。幸いにして、まったく故障しないのですが、これからは経年劣化による故障が出てくるんだろうなぁ。
180121-01

今度は排気漏れ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

先週、ガソリン満タンで出発したダムサンデー。約120km往復しただけで、残量がこれ。
行きに右側のタンク、帰りに左側のタンクを使いました。
180113-01
計算すると、大体3km/L弱。いくらなんでも、燃料食い過ぎだろうと思います。やはり、アイドルジェット(75F10)が大きすぎるのか。

そこで、もう一度65F10に戻してみました。いろいろと試行錯誤しているうちにわかったのですが、どうやらバックファイヤするのは3番と7番だけらしい。この二つだけ、どうもアイドルミクスチャ・スクリューの効きも悪い。他の気筒は1回転戻しくらいで反応するのに、この二つはいくら戻しても、あまり変化が感じられません。まあ8気筒あるから、1気筒くらい濃かったり薄かったりしても、効果は1/8なので判りにくいのですが。試しに、極端に戻して試走してみると、65F10でもほとんどバックファィヤがなくなりました。根本的な問題は、ここにありそうな気がします。キャブレター本体も、ガソリンが滲んでいるところがあるし、一度オーバーホールした方が良いかもしれません。
180113-02

それよりも、キャブ調整をしているときに気が付いたのですが、エンジンの後端、クラッチのスレーブシリンダーの周辺が煤けて真っ黒になっていました。どこか排気漏れしているようです。
180113-03
すぐ近くの、排気管集合部、サイレンサーとの繋ぎの差し込み部に排気漏れの跡がみられるので、ここからなのでしょう。差し込んであるだけの構造なので、多少の漏れは仕方ないのですが、ここら辺は、あまり空気が流れないのか、漏れ箇所そのものよりも煤けています。
これ、加減速などでエンジンが揺すられたとき、排気管の固定部とエンジンとの位置関係がずれることで、こじられて差し込みのところが広がってきちゃったのかもしれません。10月に撮った写真では、煤けていませんでしたから。

この手のクルマは、走らせると、直すべきところが次から次へと出てきます。

Corvette GXE

CESと言えば家電とかデジタル・ガジェットの展示発表会という印象でしたが、ここ数年は自動車関連技術の発表も多いです。CES関連のニュースを見ていて発見したのが、Corvette GXE。GENOVATION CRAS社が製作したC7 Corvetteベースの電気自動車。正式にはCorvetteの名前は付かず、”GXE”という車名なのですが、ボディにはコルベットのバッジも残されているので、私としてはCorvette GXEと呼ぶことにしました。
(写真はすべてGenovation Cars社のサイトから)
180111-01
800HP(597kW)  700lb-ft(949N-m) 220MPH(354km/h)
The World’s First Street Legal Electric Car to Exceed 220mph (354km/hを超える世界最初の公道走行可能な電気自動車) だそうです。
Genovation社は、すでにC6 Corvetteベースで209MPH(336km/h)の電気自動車の世界最高速度記録(IMRA)を達成しています。

これがモータ。
これを見ると、内燃機関の時代が終わりつつあることを感じます。
180111-02
モータ本体っていうのは冷却と巻き線の工夫がほとんどで、ブレイクスルーの要素は、今の時点ではあまりないです。重箱の隅をつつくような努力でモータ定数を高めていくしかありません。
出力を決める一番の要素は、IGBT。以前、特殊な形態の高出力モータ開発に携わっていたことがあって、その時のボトルネックは冷却とIGBTの耐圧でした。冷却に関しては自分たちの開発でなんとか進めることができますが、IGBTはデバイスメーカ頼みでした。当時は自動車業界の巨大資本がデバイス開発に注入され始めた時期で、電気自動車の開発が進むと、自分のモータの出力も上がるという図式になっていました。あれからそれなりに時間が経過して、IGBTの耐圧が上がったのか。それとも、サイリスタ(電車のモータは制御が緩いのでこれを使える)の新しい制御方法でも開発されたのか。その辺、興味深いですね。久しぶりに、少し特許と論文を漁ってみるか、という気持ちになりました。

ちなみに、GXEのお値段は75万ドルだそうです。GXEとほぼ同等の性能のZR1が12万ドルであることを考えると、かなりお高い。でも、GXEはベンチャー企業の手作り品で、開発費も相当載せてあるでしょうから、これをGMが作ったら20万ドルくらいになるんじゃないかと想像します。
というか、ZR1って安いなぁ。

2016年の夏ごろからミッドエンジン・コルベットの噂が流れ始め、最近ではエンジンのCAD画像の流出や、テスト車両のスパイショットなどが、ネットに掲載されています。

写真はCorvette Forumから
耐寒テストのスパイショット。

LT1のミッドエンジン版とされるCAD流出画像

LT7と言われているツインターボ版のミッドマウントエンジンCAD画像

1月14日から開催されるデトロイト・モーターショウでは何らかの発表があると予想されていて、一部ではC8コルベットがミッドマウント・エンジンになるのは既定路線のように語られていますが。
私は、どうもC8コルベットがミッドマウントになるとは思えないんですよね。

一番上のスパイショット。C8としてデビューさせるには、あちこちにC7の面影が多すぎるというか、C7をミッドエンジンにしてみました、という印象が強い。これをC8として販売するには、デザインが安易すぎではなかろうかと思うのです。
それと、コルベットの最多購買年齢は50歳代。コルベットにあこがれ、コルベットはどうあるべきか、ということをしっかりと自分に持っている人たちです。一部に先進性を求めながらも、コルベットのアイデンティティとしての保守的な部分も残さなければなりません。ミッドマウントは、やりすぎだと思うのです。これはまったくの私見ですが、フロント・ミッドマウント、OHV、モノリーフサスペンション、FRPボディ。この辺がコルベットのアイデンティティだと思います。これらから外れると、それはもうコルベットとは言えないのではないかと。

コルベットは、コンセプトカーや習作を発表することがよくあります。よく知られたものだと、映画「トランスフォーマー」に出てきたコルベット・コンセプト。当時はC7ではないかと言われていましたが、実際に発売されたC7は、これとはまったく異なるデザインでした。
180108-03

コンセプトカーの中にはとても完成度の高いものもあって、1997年に発表されたTiger Shark。ツインターボエンジンを搭載していて、多くの人が、これの販売を心待ちにしましたが結局販売されませんでした。
180108-01

ミッドマウントのコルベットも過去3台発表されていて、たとえば1990年に発表されたCorvette CERV-III。これもミッドマウントです。当時はまだインターネットが普及していませんので、海外の雑誌で次世代のコルベットはミッドマウントだと騒がれたのを記憶しています。

一見するとC5のミッドマウントに見えますが、C5が発売されたのは1997年ですから、それよりも7年も前のことになります。でも、フロントバンパーのデザインは、ほとんどC5と同じです。

私は、ミッドマウント・コルベットに関する記事を2016年にも書いていて、それから1年3か月を経過した今でも、見解は変わっておらず、C8がミッドマウントになるという意見には懐疑的です。

ちなみに、これはaria(GMが契約しているデザイン・コンサルタント会社)が昨年発表したミッドエンジン・コルベット・コンセプト。
コルベットのマークが入っているので、GM承認のもと製作・発表されたのだと思いますが、こういうのが色々と出てくるのがコルベットの特徴の一つでもあります。
180107-02

そんなわけで、今回のミッドマウント騒動も、デトロイトモータショウではC8ではなくCorvette Conceptとして発表される、というのが私の予想です。

1月のダムサンデー

来た時には、あと2台、トヨタ800とAZ-1がいたのですが。
あと、白のアルファロメオと銀のNSXとすれ違い。

しばらく、クルマを眺めてから帰路につきました。
こんな日も、あって良い。
180107-01

2018年 賀詞交歓会

今年で6回目の開催。
今年は風が強くて、足車参加が多かったですが、中にはオープンでやってくる強者も。
180102-01

今年もよろしくお願いします。
皆様、良き趣味車ライフをお過ごしください。
180102-02

明日(2日)は波志江で賀詞交歓会

今年で6年目になります。賀詞交歓会を行います。


北関東自動車道の波志江PAではありません。その下の一般道にある、波志江沼環境ふれあい公園の駐車場になります。いつものミーティングと同様、勝手に来て勝手に解散です。
お正月、暇だけど目的もなくクルマを走らせるのもなぁ、と思っいる方。
普段、ミーティングの記事を見ていて、興味はあるんたけど、初対面だから行きづらいなぁ、と思っている方。
どうでしょうか? だいたい10時くらいに集まり始めて、お昼前にはみんな帰っちゃいます。

写真は去年の賀詞交歓会
180101-01
180101-02

PC刷新

2018年に向けて、PCを刷新しました。5年ぶり。もちろん、自作。
私は、今まで私用のデスクトップPCは、メーカー製を購入したことがありません。インテル486の時代から、すべて自作してきました。

自作PCにも流行りがあって、久しぶりにパーツ情報を収集したら、今は光モノが大流行中でした。特に光らせることに興味があったわけではないのですが、普通に流通しているのが光モノ対応ばかりなので、私のPCも自然と光モノになりました。
DSC_4966

まずはパーツの紹介

  • CPU: Intel Core-i7 8700K
  • MB: msi Z370 PC Pro
  • メモリ: Crucial Ballistix DDR-4 2666MHz 8GBx4
  • SSD: Samsung 960EVO M.2 Type2280 NVMe1.2 500GB
  • グラフィック: msi RADEON RX560 AERO ITX 4G OC
  • 電源: 玄人志向 NEXT 500W
  • CPUクーラー: Novonest 水冷一体型 240mm
  • ケース: Cooler Master MasterBox Lite 5

光モノ以外に5年前と変わっていたのは、まず配線方法。マザーボードのバックパネルの裏を通すようになっていて、マザーボード上を配線が這うことがなくなり、見た目にとてもスッキリしています。これは光モノが良く見えるようにする配慮から生まれたのだと思いますが、ケース内のエアフローも良くなって好ましい。
それからCPUの水冷。配管、ラジエター、CPU冷却部が組み立て済みで、冷却水も封入済みになっているキットが結構安価で売っています。最初は空冷で十分だと思っていたのですが、空冷のCPUクーラー+ケースファン2個よりも、水冷キットを買う方が安かったので、水冷にしてみました。
最新のケースは、これらの光モノや配線方法、それに水冷ラジエターの設置などにも対応していて難なく組めました。例えば、ラジエターの固定ネジのピッチなどは、ちゃんとした規格があるわけでもないと思いますが、デファクト・スタンダード的に決まっているようです。クルマと違って、どんなパーツも加工なしで付くのが良いです。そして、こういったこだわりのパーツが見えるように、側板が透明アクリルになっているんですね。この辺りの作りが、DELLやHPといった出来合いのPCにはないところです。

写真右側がCPUを水冷しているラジエター。ファンはケース前面から押し込みにしてみました。中央の左よりで四角く光っているのがCPU冷却部。ここにウォーターポンプも内蔵されています。このマザーボードには水冷ポンプ専用の端子があります。普通に使っている分には、とても静か。わざとCPU負荷をかけるとラジエターのファンの音が多少聞こえてくるレベルですが、気になる程ではありません。
DSC_4970

パーツ構成を見ると、CPUやSSDはハイエンドゲーム機に使われるものなのに、グラフィックが貧弱で、バランスを欠いています。実は、このPCはある目的のために組みました。それに必要だったのは、大きなデスクトップ領域。画素数で言うと、5,760×2160。画面構成はこうなっています。
DSC_4973
49インチの4Kモニタに23.8インチのフルHDモニタが二つ。オンボードのグラフッィクだと、この解像度を60Hzで駆動できないので、グラフィックボードを追加したわけですが、ゲームが目的ではないので、高性能なGPUは必要ありません。ちなみに、一番右のモニタは今まで使っていた27インチのWQHD解像度。
それにしても、4KもフルHDも一昔前では想像できなかったほど安い。4Kモニタですら、27インチのWQHDモニタを買った値段よりも安いので、びっくりです。

ゲームPCではないので、お約束のベンチマークテストはしませんが、信頼性が重要なので、Prime95を走らせて高負荷テストを実施。CPUが自動で4.4GHzまでオーバークロックして72℃で安定。凄いな水冷。
そのまま6時間ほど素数の計算をさせても、温度は安定しているしエラーも発生しないので、オーバークロックを解除して、完成。

この記事は、このPCで書いています。
ところで、pdfをAcrobat readerで開くと、なぜか夜間モードになってしまう現象に苦戦中。なぜだ。